ドライバーを使用している男性

復元する

外付けhddが不具合を起こした場合は自分でデータを復元し、データだけは取り出すことができる場合もあります。また、外付けhddの使用法が間違っていると反応しなくなってしまうこともあるので、注意しましょう。

この記事の続きを読む

業者に頼る

外付けhddが故障した場合や不具合が起きたときには、トラブルを解決してくれる専門業者のサービスを活用しましょう。このようなサービスを利用することで、自分ではできないことも手軽に改善できるようになります。

この記事の続きを読む

予防する

外付けhddを利用していると、急に壊れてしまうことがあり、不具合だと思っていてもずっと治らないこともあります。そうなる前にしっかり予防する方法があるので、事前にチェックしておきましょう。

この記事の続きを読む

壊れたときは

普段通り外付けhddを利用している場合でも突然変な音がする場合があります。
またhddはいきなりウイルスの攻撃を受けたり、衝撃によって壊れてしまったりすることがありますが、それらが原因でなくても事前に壊れる前の異変があるのです。
それが音です。パソコンを普通に使っている場合でもいきなりhddの音がおかしくなり、それが何度か続く場合は注意しなくてはいけません。
一般的にhddに書き込みをするときの音は小さくカカカッと音がしますが、そうではなく、ガガガと聞こえることや、ガリガリしている場合があります。また、カッタ、カッタと聞こえることもあるでしょう。
これらの音は書き込みが上手くできていな場合が多いのでしっかりチェックしてみましょう。
またhddはとても寿命が短い商品なので、寿命が近づくとこのような音が聞こえる場合があります。
どんな理由であってもこのような音が聞こえた場合はいつ壊れてもおかしくないという状況なので、他のhddにバックアップを取っておきましょう。
そうすることで、万が一のトラブルも解決することができるのです。

バックアップを定期的に取っているとhddが壊れた場合でもデータを取り戻すことができるのです。
バックアップとは、hddに入っているデータを別の場所に保存しておくことで、定期的にバックアップしておくと安心です。
バックアップの方法は外付けhddを用意し、そこにデータを移すのですが、この作業を毎回していると面倒になることがあるので、バックアップを自動で行なってくれるソフトを活用しましょう。